• 「星空の詩2010〜アジアに降る星たち」(東京都)
    2010年7月24日(土)
    14時開場14時半開演 渋谷公園通りクラシックス
    3,000円(1ドリンク付)
    おかげさまで前売り券完売となりました、ありがとうございます
    大好評を頂いております、自然写真家牛山俊男さんとのコラボレーションライブ本年も開催決定です!

    出演
    清田愛未(歌、ピアノ、月のオカリナ)
    牛山俊男(写真、おはなし)
    穴田貴也(チェロ)
    伊藤怜美(コーラス、パーカッション)

    星空の詩2010 プロモーションビデオ


    〜星空の詩とは〜
    音楽と一緒にスクリーンいっぱいに広がる星の写真たち
    そして、牛山氏による「星」や「自然」に関するトーク、清田と牛山氏の掛け合いなど、
    「星」を通して、めぐる命、めぐる時間などをお伝えします。
    音楽で「耳」へ、写真で「目」へ、そしておはなしで「こころ」へ、大人も子供も星の世界が存分にお楽しみ頂けます。

    牛山俊男プロフィール
    自然写真家、環境カウンセラー。山梨県在住。
    環境コンサルティングに従事したのち、フリーの写真家として活動を開始。星空風景を中心としたネイチャーフォトの撮影、発表を軸に、映像ライブや講演会、星空観察会を展開している。著書(共著)に、「星の地図館New Edition (小学館)」がある。




    スクリーンいっぱいに広がる牛山氏の写真と、会場に響く清田愛未の音楽。
    都会の真ん中にいるのを忘れてしまう、涼やかで安らかなひとときです。

    牛山氏に星のおはなしを伺いながら、進行して行きます。
    今まで知らなかった「星のおはなし」を聞くたびに、
    星の世界が広がり、奥行きを増して行きます。


    登場するオリジナル楽器「月のオカリナ」とは
    陶芸家佐藤百合子さんが制作している「月焼き」で制作しているオカリナです
    ★月焼きとは…?
    NASAの宇宙飛行士がアポロ計画の折に持ち帰った月の砂「レゴリス」は
    成分解析され、将来の月基地建造の建材研究等に使うために、
    同一の成分、同一の物性を持つ砂「レゴリス シミュラント(Regolith Simulant)」が製造されました。
    月焼きは、アメリカのジョンソン宇宙センターで開発された
    「レゴリス シミュラント(Regolith Simulant)」を釉薬材料として使用し、窯で焼いて生まれた陶芸作品です。

    ☆月のオカリナができるまで☆

    こちらのブログの中で陶芸家佐藤百合子さんの制作日記を
    転載させて頂いております。
    是非ご覧下さい。
    月のオカリナができるまで

    公園通りクラシックス
    〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
    東京山手教会B1F
    TEL: 03-3464-2701(hall)